度ありカラコンを買うその前に
度ありカラコン > 初心者の方へ > カラコンサイズのDIAって何?

カラコンサイズのDIAって何?

Pocket

カラコンは製品によってレンズのサイズが異なります。
レンズのサイズはDIAと着色直径で表記されますが、ここではDIAについて説明していきましょう。

DIAって何?!

DIAはレンズ全体の直径のことであり、DIAの数字が大きくなればなるほどそのカラコンのレンズサイズは大きくなります。
ただ注意しておきたいのはDIAが大きければ大きいほど、目を大きく盛れるか?と言われるとそんなことはありません。
大きい黒目に憧れるのであればDIAではなく、カラコンの色素が入っている着色部分の直径を表す着色直径の大きさが重要になるのです。
いくらDIAが大きくても着色直径が小さければデカ目効果はそれほど期待でいないでしょう。
逆にDIAが小さいカラコンであっても、際まで着色が施してある場合にはデカ目効果が期待できるというわけです。

DIA で選ぶ時のメリット、デメリットとは?

DIAでカラコンを選ぶ時のメリット、デメリットには何があるでしょうか?
まずDIAが大きいレンズの場合、レンズが目の中で大きく動いてしまうということがないので、安定した装着感になります。
着色部のズレが少ないので、使用感を重視したい人はDIAが大きいレンズがよいかもしれません。

しかしデメリットとして、DIAが大きいレンズは角膜が呼吸しづらくなるため、目への負担が大きくなります。
目の負担を減らすために長時間の着用はできないでしょう。

DIAが小さいレンズの場合、瞳への負担が軽減されるので、長時間の装着でも問題ありません。
長い時間、カラコンを装着したいという人であればDIAが小さいカラコンがおすすめかもしれませんね。

逆にデメリットとしては、レンズのサイズが小さければ小さいほど、レンズは安定しにくくなります。
瞬きをするとゴロゴロしたり、異物感があったりする場合もあるでしょう。
使用感はあまりよくない場合もあります。

どのくらいのDIA のカラコンを選ぶべきなの?!

ではどのくらいのDIAのカラコンを選ぶのがよいのでしょうか?
日本人の目に合う標準的なDIAは13.00㎜~14.5㎜とされています。
一般的に売られているカラコンのDIAは14.0~14.5㎜のものがほとんどです。

初心者の方へ

カラコンレポ